Header logo

The global provider
of secure financial messaging services

Skip to main content
  • English
    Discover SWIFT
  • Español
    Descubra nuestros contenidos en español
  • Français
    Découvrez notre contenu disponible en français
  • 中文
    了解我们提供的中文内容
  • 日本語
    日本で入手可能なコンテンツをお探しください

特色

Table of contents

Contact

当社連絡先

Payments Data Qualityの詳細をご希望ですか?このフォームにご記入ください、当社から速やかにご連絡させていただきます。

Contact us

Contact us

送信人および受取人データについての規制遵守をサポートします。

テロリストへの資金供給、資金洗浄および金融犯罪との戦いにおいて、規制当局は支払データの一層の透明化を要求しています。FATFの必要条件は米国「旅行規則」を含む規制に幅広く採用されています。さらに最近、支払メッセージに送信人と受取人両者のデータを含めるとするFATF勧告16がEUのEU FTR 2015およびシンガポールの MAS 226で採用されています。

Payments Data Quality は貴行が送受信するMT 103, MT202COV および MT205 支払メッセージ中に送信人と受取人の記載があるか確認します。これはデータが適切な形式で存在することを確認します-Payments Data Qualityはデータの正確性を確認せずデータ内容の公開はしません。

送信人と受取人のデータの抽出または保存は行われないのでこのサービスではデータの個人情報保護問題はありません。

一層効率的な選別とAML監視のためのグループ全体の概観

Payments Data Qualityは貴行の支払の流れについてー支店  あるいは相手先が送信人であるかに関係なく-グループ全体としての概観を提供します; したがって貴行は業務状況を改善するための行動を実行することができます。例えば、被仕向送金の支払で貴行は前月貴行システムで問題を発生させた支払取引の比率をコルレス先に情報提供することができます。  

個別取引が貴行システムでさらに調査を必要とするときは、独自の識別番号によって行うことができます。 

Payments Data Quality の監査証跡により貴行は問題解決に向けて時間をかけて進捗を追跡し貴行の監視の段階的な効果改善ができます。

従来にもまして、規制当局者は送信人と受取人について組織的に不十分あるいは不正確な情報を提供する相手方を報告することを銀行に期待しています。Payment Data Qualityの独立したレポートは貴行がこの義務に応えることにも役立ちます。

また業務効率と直線的処理の改善にも役立ちます。

Payments Data Qualityサービスはまたフォーマットが不十分なため取引が阻止されあるいは遅延する分野を発見することにより支払メッセージの直線的処理を大幅に改善する役に経ちます。

データ品質のグローバル基準

適正なフォーマットでの送信人および受取人の詳細情報を含む確実な 支払メッセージ は急速に規制上のグローバル要件になりつつあります。Payments Data Qualityは グループ全体のデータ品質を監視するためのホストによるソリューションです。これIt’は 業界ベースの金融犯罪法令遵守サービスで SWIFTが提供しています。 

金融行動タスクフォース勧告16(2012)は、銀行は被仕向取引について送信人および受取人データを監視し反復する問題を解決する義務があると規定しています。

その後FATF勧告16はEU資金振替規則2015で施行され、これは現在第4次EU資金洗浄対策命令の一部、さらにシンガポールではMAS通達626号として施行されています。他の司法管轄地域でも類似の規則が追随実施されることが期待されます。 他方、一般には「旅行規則」の名で知られる米国銀行機密法(BSA)規則[31 CFR 103.33(g)]は送信人からデータを受領したときは-名称、所在地、口座番号など-一定の種類の送信人および受取人データを引渡すことを金融機関に義務付けています。

SWIFTは保有するデータによって、この品質のツールを構築できる唯一の存在です。 このデータとこのツールによる提供方法に対抗できる相手がいるとは考えられません-これはまさに独自の存在です。

ジョイス ヴェルシェーレン、業務管理およびサービス開発部長、ラボバンクRabobank

業界ベースのソリューション

この要件は自行とコルレス先とのすべての取引の一覧的把握を提供するグローバルなシステムを持たない中小銀行には特に厳しい課題となります。 

当社はこの課題に対処するためにPayments Data Quality を開発しました。これは中央でホストをする金融犯罪法令遵守サービスとして当社が拡大中のポートフォリオの一部で、業界コストを共有化し、システム設置あるいはオンサイトでの統合の必要性を解消します。

Payments Data Qualityは貴行の被仕向および仕向取引でデータ品質を監視し改善するきわめてコスト効率が優れた方法です。

当社最近の事例研究をお読みください。

resource
Payments Data Quality service: BNP Paribas sets the pace

金融犯罪法令遵守に対する当社の業界ベースの手法

金融犯罪との戦いで金融機関は益々防衛の最前線に位置しています。世界中の規制当局者は厳格なKnow Your Customer (KYC)、資金洗浄対策および制裁規則と規制を充足するFlsを必要としています。 法令遵守はすべての金融機関が共有する課題であり、団結してこそ最大の力を発揮できます。金融犯罪法令遵守への投資は競争上の優位に繋がらないため、協力を通じて各行のコストとリスクを軽減することは意味があります。

詳細をご覧ください

追加リソース

ファクトシート

事例研究BNP Paribas

事例研究Rabobank

事例研究Payments Data Quality

ACAMS Today: リスク回避と金融の包含

情報ペーパーFATF Recommendation 16をナビゲートする

証言および事例研究

Case Studies

Payments Data Quality service: BNP Paribas sets the pace

Reinforcing the payment chain to promote transparency

Case Studies

Rabobank - Compliance Analytics and Payments Data Quality case study

Harnessing data analytics to drive compliance and operational excellence

Loading...